絵画館 彫刻の巨匠・木内克 ブロンズ彫刻像・裸婦 ☆6~9万☆

この前の日曜に 小学生の甥っ子 にあうことがあったので、 今、同級生の間で流行ってることを 話してたら


地下アイドル が一番だそうなんだけど、 ちっとも知らなかった・・・




絵画館 彫刻の巨匠・木内克 ブロンズ彫刻像・裸婦 ☆6~9万☆

現在価格:37,000円
入札件数:29件
終了予定:2016年03月27日22時10分
即決価格:-円

>>確認してみる


こんにちは。専門ギャラリー「GINZA絵画館」からの出品です。 タイトル 彫刻の巨匠・木内 克 ブロンズ彫刻像・裸婦 ☆6~9万☆ 商品説明   昭和の彫塑界をリードして、多くの活躍と実績を残した木内 克先生(物故)のブロンズ彫刻像作品。
  小品ながら、木内先生ならではの表現を存分に味わっていただけます!
  底部にサインが刻んであります。全体に経年による緑青(ろくしょう=「ブロンズ像独特の錆び」の一部
  ですが、緑青は、それ以上腐食するのを防ぐ性質があります)のにじみ、所々に僅かなスレがみられ
  ますが、全体として状態はおおむね良好。
  作品を載せる木製の飾り台が付いています(固定されていません)。木の台に僅かなスレが数か所
  みられます。画像にあるもの以外に付属品はありません。箱なし。
 
  ※木内 克コレクターさんにおすすめの1点!
  ※この作品に限らず、GINZA絵画館ではすべての出品作品を保証しております。
    安心してご入札ください。 略歴   きのうち よし
  1892年、茨城県生まれ。彫刻家。彫金家・海野美盛に学んだ後、朝倉文夫塾生となる。
  1916年、第10回文展に入選(以後官展に出品)。1921年に渡英。
  翌1922年にパリに行き、グランド・ショミエールでブールデルの指導を受ける。
  藤田嗣治、福沢一郎らと交流しながら自由研究を続け、アルカイック期のギリシャ彫刻に傾倒。
  テラコッタの技法の修得にも努める。1935年に帰国し、翌年から1940年まで二科展に出品。
  滞欧作を新樹会展に招待出品。テラコッタによる独自の表現で高く評価される。
  1951年、新樹会会員。毎日美術賞、現代日本美術展優秀賞、中原悌二郎賞ほか受賞多数。
  1977年、歿。 サイズ   木の台を含む高さ   約14.5cm








Leave a Reply

スポンサーリンク